« ココログで発信するという行為・その3[長い目] | Main | 「テスト」の増殖が加速する »

2003.12.21

きっと「フォーラム」しかなかったからだよ~

このココログの盛り上がりに関し、ココログに付きまとうステレオタイプを疑うという人もいるが、それも受けて『ココログとパソ通とせつなさと心強さと』という見方もある。

んで、わたしの場合はココログのヒットの理由を探る話しではなく、パソ通出身者が目立つのはなんでだろう、って話し。

『ココログとパソ通とせつなさと心強さと』の

パソ通経験者のオッサンどもが己の本来のスタイルで書ける場を見つけて活き活きしてるっぽいものを俺は感じました。
パソ通が廃れ、ニュースグループが廃れ、ここ数年こういう長文応酬スタイルで盛り上がってる場って無かったからねえ。
俺もパソ通者なので、少し懐かしいです(今でこそ普通だけど当時レアだった高校生ネットワーカーだったので貧乏で草の根メイン)。

ここん所、けっこうあたってるような気がする(^^;)

たまたま“フォーラムのSYSOP”という事では、「あそびをせんとやうまれけむ」のTigerさんとわたしが目立ってしまっているが、本当にこれは“たまたま”なのだ。
このサイトの右側に「SYSOPさんもココログ」というリンクがあり、20近いSYSOPのココログが並んでいる。これは別にどこかで発表されていたり、報告があったモノではない。4人ほどのSYSOPが手動で新着一覧などを片っ端から見ていて見つけたモノを「発見、発見!」と報告し合って集めたものだ(笑)。
いくつかはフォーラムのひとつの窓口として情報が出されているが、いくつかは個人の趣味や専門分野の事が静かに書かれているだけだ。

「あそびをせんとやうまれけむ」のTigerさんと「Tokyo Forum」のわたしが、書く記事の数も多く、それが他で取り上げられる事も多く、フォーラム色を目立たせてしまっている所があるのは確かだろう。
しかし、Tigerさんも、わたしも、それぞれのココログの中でフォーラムについて論じている記事はとても少ない。それよりもココログ全体の事、ココログのTIPS、ネット全体の事、身の回りの事、など、興味の範囲はあちこちにある。

ちなみにわたしの個人サイトのココログの方などは、フォーラムの「フ」の字も出てこない。全く別のスタイルで全く自由に楽しんでいる。こっちの「Tokyo Forum」の方は敢えて自分の中のSYSOP的な部分を意識しているので、両方を平行して読んでいる人は「こいつの頭の中はおかしいんじゃないか?」と密かに思っているかもしれない(^^;)。

そして、ココログがスタートして1週間ほどの間に、色々な使い方を研究したり、情報を収集し、提供した人たちにも、フォーラム経験者が多かった。

それは、なぜか? 
それは、わたしも含め、そう言う人たちは、ネットの中でのフィールドワークが好きな人、だからだろう。
パソコンに向かうのが好きだし、うだうだ文章を書いたりするのが好きだし、TIPSを見つけるのが好きだし、何かついて突き詰めて研究するのが好きだし、はまったら抜けられないし(^^;)。

そういう人は、つい最近はまった人もいるだろうけど、多くの人は昔からずっと変わらずそうだったに違いない(^^;)
6年前、8年前、10年前、もっと前、パソコンを触って、ネットをやろうとしたら、ほとんどの人は@nifty、いやNIFTY-Serveにふれる事になる。もちろんそういう人はNIFだけでなく、草の根BBSやら他の所やら、複数覗いていたに違いない。
わたしも、パソコン通信で女性は消費税(3%しかいない)とか言われた以前に、彼氏に勧められるでもなく、会社で強制的にでもなく、自力でパソコン買って苦労してNIFTYにつないだ口だ。

そういう人たちは、つながる事の楽しさをしみじみ知っている。回線がつながる事の感激も、ネットの中で人とつながる事の楽しさも。
ネットの中で人とつながる、勇気を出して書き込みをした事、それにコメントが返ってきて感動した事、それらのほとんどがフォーラムの中にあった。だから、今も同じように、人のために情報を収集したり、困っている人を見ると教えてあげたくなったり、自分の意見をガンガン書いてみたり、毎日パソコンに向かってしまって、やっている事はずっと変わらないのではないだろうか。

元々、ネットやパソコンが好きで、つながる楽しさ知っていて、他人と意見を交わす経験もあって、というそういう人はネットで発信することに慣れているから、ココログの中で目立って当然だし、そういう人がフォーラムを体験していて当然、という気がしている。
元々ネットでのフィールドワークが好きなのだから、「ココログ」という新しいおもちゃを見つけて、盛り上がらないワケがない。

実際の所、ココログの中だけではない。ネットの中にはNIFTY出身者、フォーラム出身者はものすごく多い。それはもちろん同じ理由で、もともとそういう事が好きで、興味がある人は、必ずフォーラムを経験しているにすぎない。

blogサイトで目立っている人の中にも、フォーラムを経験した人はたくさんいる。2ちゃんのひろゆき氏もフォーラムに顔を出している。最近ココログ内でも話題のレンタルサーバーの「ロリポップ」の社長さんも、こんな所(blogの日記のコメント)

ニフティさんはニフティサーブの頃から使わせてもらってるので憧れの企業です。頑張るっす!

なんて書いている(^^;)(これは「SideB-log」のminotanさんからの情報)

つまり、blogも、ココログも、ネットのあらゆる所に、フォーラム出身者がいて当然。
フォーラムでガンガン目立っていたかは別として、ネットへの興味が強い人は、フォーラムにも興味を持っていた過去があって当然、と思うワケなのである。

今、ココログの中でそういう人が目立つのは、書くことに慣れている経験が、その人たちを目立たせているのじゃ、ないだろうか。その視点も自分のプライベートな日記でなく、人の目に触れやすい、話題になりやすい事に興味があるから、じゃないだろうか。
そういう人はたいてい、以前フォーラムにも興味を持って、参加していた、ってワケだ。
だって、その頃はそういう場所って言えば、フォーラムだったのだから。

|

« ココログで発信するという行為・その3[長い目] | Main | 「テスト」の増殖が加速する »

Comments

もう、勝手に記事に登場させるし(笑

思うのはね、多少、長いものを書いても怒られない、読みにくくならない(コメントだと辛いけれど)、ということですね。

そこそこ文を書ける/書きたい人にとっては掲示板よりはこっちの方が書き心地が良いです。

しかも、自分のフィールドでしょ。好きなように書いて良いわけで(笑

パソコン通信出身の強み、特に、ニフティのような100万人単位で人がいたところに居た恩恵としては、どっかで書かれていた「護るべき」の部分についての基準がすでに出来ていることでしょうかね。

100人とか1000人くらいまでなら、会員限定となると、まあ、そんなに変なヤツは見ていないだろうと思うことも出来るけれど、100万人となると、もう、どんな変なヤツが見ているか判らない、ということを意識/無意識で感じていたりするわけです。

それをずっとこなしてきたから、こうしてオープンのところで多少いろんな事を書いて、いろんな反応をされても、おお、来た来た、なんて感じで楽しめる(笑

個人の日記的にならないのは、その辺りが影響していると云うことはあると思います。

パソコン通信に限らず、そういうモノが身に付いている人が、より、たくさんの記事を書き、沢山のつながりを積極的に張っていき、その結果、目立つんだろうと思いますね。

ちなみに、私は、ニフティの前にはまだ実験提供中の日経MIXにいたわけで、そういった意味ではニフティ純粋培養ではないです (^^;

ニフティに来たときは、おお、なんて、ごちゃごちゃしたところだろうと思った(笑

それがいつの間にか、こんなことに・・・

Posted by: Tiger | 2003.12.21 at 05:51 AM

はじめまして。nariと言います。

確かに、私も似たようなことを感じ始めてます。
あ、一応niftyserve時代からの人間です(^^;)。

最近はnifterm起動する事すらなくなり、net上のbbsに顔出しては使いにくくて結局離れたりとか、Web開いたけど独り言ばっかりだったりとかで、なんか使いにくいなぁと感じていた部分はあると思います。

発言スタイルも、確かに第三者に見られる事は無意識の内に考えてると思います。
相手の発言への対応も、単純な脊髄反射しないで逆の立場で考えてみるとかやってる部分もあります。
この辺は、フォーラムで鍛えられたと言うか、慣れたというか・・・(^^;)。
コイツ無茶苦茶言ってるなぁと思っても、相手もID持ってるのでってのもありましたし。

その為か、今のinternet上での匿名掲示板系の発言は、考えの浅い脊髄反射系が多い感じがして参加に躊躇してしまいます。

だからこそ、niftyさんが提供するblogサービスには期待してしまっているのかもしれません。

私は今、コメント機能貧弱なのを承知の上であちこちにコメント付けまくって、完全に迷子状態ですが(^^;;;)。(なんでコメント書いた本人が迷子にならなきゃいけないんだ(^^;)。)

Posted by: nari | 2003.12.22 at 03:10 PM

すみません。こちらに反応してしまいました。

>コメント機能貧弱なのを承知の上であちこちにコメント付けまくって、完全に迷子状態です

そうなんですよね。返事をメールでもらったりしたら「あれ?どこのサイトの人だ?」って(^^;

Posted by: panhead | 2003.12.22 at 03:48 PM

>そうなんですよね。返事をメールでもらったりしたら「あれ?どこのサイトの人だ?」って(^^;

あ、これ、正に今の私そのものです(^^;)。
「あれ?これ誰?」とか、「あれ?何の話だっけ?」とか。
「あの話はどこに書いたんだっけ」と探しまくることもしばしば(^^;)。
しかもやっと見つけたら、コメントが伸びまっくていて、私のコメント待ちっぽい状況になってる事も時々(^^;)。
一応スタッフルームにトラックバックしまくってはいるのですが(^^;)。

脱線モードで済みませんm(_ _;)m

Posted by: nari | 2003.12.22 at 05:44 PM

nariさん、panheadさん

ようこそ、どうも。

同じです、同じです(笑)。わたしもあちこちコメントで足跡残すはいいけど、後でどこだったか忘れてる事多数(^^;)

この辺がもっと改善されると、コミュニケーションツールとして完成するのに、とかSYSOPモードの方では思ったり。

個人モードの方では、「え~い、くそ、どこのサイトだったんだぁ~」と叫んでみたり(笑)、な毎日です(^^;)


Posted by: まちゃみ | 2003.12.22 at 06:42 PM

Tigerさんのコメントへのコメントは、また新たな記事にするかな(笑)。

Posted by: まちゃみ | 2003.12.22 at 06:44 PM

>個人モードの方では、「え~い、くそ、どこのサイトだったんだぁ~」と叫んでみたり(笑)、な毎日です(^^;)

うははは・・・(^^;;;)。全く同じです。
「あれ~、昨日デジカメの話を書いた気がするけど、どこにどんなの書いたっけ?」みたいな感じです(^^;;;)。

ココログルで探すんですが、そもそも何書いたかうろ覚えということもありまして、検索ワードすら分からないことも(^^;)。

最悪、自分が発信したコメント一覧だけでも良いんですけどね。

Posted by: nari | 2003.12.23 at 03:08 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1658/38793

Listed below are links to weblogs that reference きっと「フォーラム」しかなかったからだよ~:

» ココログ効果 [GEEK]
 日本blog界(?)にココログが大きな波を巻き起こしているらしい。常時高速接続と便利なソフトに刺激されたblogの普及がヲタの趣味にとどまらないブームとなりう... [Read More]

Tracked on 2003.12.22 at 08:46 PM

» フォーラムのパワーを数字で考える [あそびをせんとやうまれけむ]
ココログのパワーはフォーラム由来か、というような話がありましたけれど、さて、数字で見てみると。 ニフティの会員は500万を越えています。 [Read More]

Tracked on 2003.12.23 at 12:16 PM

» BIGLOBEがギャルゲーを開発中 [MISTTIMES.com Blog]
BIGLOBEがギャルゲーを開発中ときたもんだ。BIGLOBEといえばPC-VAN。PC-VANといえばNEC。NECといえばPCエンジン(古い)。PCエンジン... [Read More]

Tracked on 2003.12.26 at 01:53 AM

« ココログで発信するという行為・その3[長い目] | Main | 「テスト」の増殖が加速する »