« マイク・ロー・ソフト君 | Main | 結局「アクセス解析」は・・・ »

2004.01.20

困って「サイト名」さん

「あそびをせんとやうまれけむ」Tigerさんの所の『敬称』

元は「ARTIFACT -人工事実-」 加野瀬未友さんの 『ネットの文体/敬称どうしてますか』

 「サイト名+さん」は、親しくもないのに管理人の名前に「さん」をつけるのは気が引けるという気分からきているのかなーと思ったり。親しみのある会社や取引先の会社の名前に「さん」をつける感覚がありますが、あれと同じでサイトに人格があると見なして、親しみありますよーとアピールする感じ。

わたしは全て「さん」にしてます。
「氏」というのは、正確に捉えれば「他人の姓名に添える敬語」なので、男性でも女性でも「氏」なんですが、やっぱ「彼氏」「彼女」と男女を分ける言葉がある所から、どうも「氏」には男性を表すイメージがあります。
ここにこだわるのは、わたしが女だからかもしれないけど、どうも「氏」と呼ばれると、「へへっ、やっぱそんなに男らしい文章ですかね(^^;)」なんて、ずっとネットで男と思われていた(いや女扱いされなかった(笑))過去に由縁する(^_^;)

で、多くのblogではトラックバック等したサイトの呼称は、敬称も付けないし、ただサイト名と記事名、もしくは記事名だけを書いているコトが多い。
でも、どうも呼び捨て、って感があって、「さん」を付けたくなる。名前がわかる場合はなるべく名前(ハンドル)を入れて「さん」を付けている。どうしても書いている人の名前がわからない場合、しょうがないので「サイト名さん」になる。
本来「さん」で呼ぶモノではないので違和感あるんだけど、呼び捨てよりいいかな、って感じ。

あと、加野瀬さんのこの部分

 それと、人の名前に「氏」という敬称をつけてますが、これはここで話題にするのが、漫画やアニメなどの話題が多く、本人が読んでいる可能性が高そうだからです。でも、芸能人にはつけないことが増えました。これは本人が読む可能性は低そうだからと思っているんですが、そんなこともなくなってますかねえ

わたしは、芸能人などは基本的に呼び捨て。内容によりたまに「さん」付けるコトもあるけど。
この呼び名で今でもひっかかっているのが、昔は雑誌などで芸能人に「さん」は付かなかった。ところが10数年前からだと記憶しているけど、女性誌が芸能人に「さん」を付けて記事を書くようになった。
これがすごく違和感があった。イヤ今でもある。

この習慣が、芸能人やモデルと言った職業を、ものすごく憧れの、一般人と違う人種のようなイメージにしたような気がする。「○○さんのメイク法」とか「休日はこうしてすごす○○さん」なんて言い方。どう読んでも「さん」はいらない記事が多い。

んで、記事だとちゃんと「さん」を付けるのに気を使うけど、コメントはちゃちゃっと書くので、つい、普段からハンドルを呼び捨てにしている人は呼び捨てで書いてしまう(^^;)
ま、これは相手はわかってくれるから、いいか。読んでいる人も、ああ親しいんだなとわかってくれるといいんだけど、始めて読む人には、わからないこともあるよなぁ・・・

|

« マイク・ロー・ソフト君 | Main | 結局「アクセス解析」は・・・ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1658/119055

Listed below are links to weblogs that reference 困って「サイト名」さん:

« マイク・ロー・ソフト君 | Main | 結局「アクセス解析」は・・・ »