« 「Headline-Reader」投稿できるβ版 | Main | やっぱり「紙媒体」はなくならない »

2004.01.25

最近、泣きました? 

いきなりですが、最近、泣いてますぅ? 

いや、映画を見て泣いている、映画のCMを見ましてね。
そういや、最近、泣いてないなぁ~と。
涙が出る位、笑いころげた事はあるんだけど(^^;)
や、それって、すごい幸せなのかもしれないけど(笑)。

テレビドラマって見ないし、最近新しいマンガ買ってないし、泣くような映画見てないし。
昔読むたび泣いていたマンガ読んでも、もう泣けないし(^^;)

たまには泣かないと、いけないですね~(笑)。

あ~、脳天気なあたし(^0^;)

|

« 「Headline-Reader」投稿できるβ版 | Main | やっぱり「紙媒体」はなくならない »

Comments

こんにちは
僕は「Jupiter」平原彩香を聴くと1回目は泣きます
でも、2回目以降は泣きません
ですから、1回/1日泣きます
そして、深見東州先生のウルトラギャク[注]を観ては
1回/1日、笑います
元気で~す
[注]1/25記事[NEWS_J25]参照

Posted by: it1127 | 2004.01.25 at 02:30 PM

nariです。

私の今の所の一押しは映画「黄泉がえり」ですかね。
一応過去に書いた関連記事からトラックバックしてみますね(^^;)

Posted by: nari | 2004.01.25 at 06:41 PM

最近、感情の波が大きいので、ちょっとしたことで涙ぐんでしまいます。
「フランダースの犬」の最終シーンとか、「機動戦士ガンダム」の「僕には帰れるところがあるんだ」とか。

Posted by: maeda | 2004.01.25 at 11:01 PM

恋愛物で泣くことは減りましたが、別の物で泣くことが増えました。もともと涙もろいんで週に一度ぐらいは泣いてるんじゃないでしょうか(^_^;

確実に泣けるのは、中島みゆきの「ファイト!」とかピチカート・ファイブの「悲しい歌」(まんまやん!)あたりでしょうか。映画では「ブルース・ブラザーズ2000」。ダン・エイクロイド扮するエルウッドが、亡きジョン・ベルーシ扮する相方ジェイクが死んだのを知らず、刑務所の前で迎えにくるのを待ち続けるシーンは泣けます。ストーリーそのものよりも、そこから派生している思い出に泣いていることが多いようです。

Posted by: FFへんしゅ~ちょ | 2004.01.26 at 12:21 PM

it1127さん
nari さん
maedaさん
FFへんしゅ~ちょさん

みなさん、ありがとうございます。
う~ん、けっこうみなさん、泣いてるんですね~。歌とかアニメが、泣けるアイテムなんですね。

しかし、そういうモノで泣けなくなったあたしは、冷血人間?(^^;)
ちゃんと泣かないと、いけないですね~。

Posted by: まちゃみ | 2004.01.27 at 04:18 PM

2月はたくさん泣きました。春がすぐそこに~なんて浮かれるばっかでしたが、大切な人たちが旅立ったりして…。暗い話になってるけど、春は色々な意味で新しい旅立ちの季節なのかもしれないね。生きたくても生きれなかった人達  それが彼らの宿命?寿命だったのかもしれないけれど、やっぱり見送るのはつらいね。精一杯生きておめでとうなんて言ってあげたかったけど…。平原彩香の"Jupiter"も"明日"もずんと胸に染みます。平原さんにありがとう ちょっと重すぎたかな。(^^;) でも、大事に思ってる人が夢を追いかけて遠い街へ旅立つのを後ろから応援してただ見守ることしかできないのもつらいものですね。でも、本当に悲しい時ってたぶん静かに笑うしかない気がします。

Posted by: | 2004.03.01 at 09:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1658/132086

Listed below are links to weblogs that reference 最近、泣きました? :

» 黄泉がえり [とある独身胃癌患者ののん気なmemo]
去年買ったDVDの中での一番のお気に入りかな。 良い年した中年おじさんなのだが、思わず涙してしまった。 RUIの曲も泣ける。 「あいたぁ~いと おもうきもちぃわ... [Read More]

Tracked on 2004.01.25 at 06:39 PM

« 「Headline-Reader」投稿できるβ版 | Main | やっぱり「紙媒体」はなくならない »