« 挙動不審なコンテンツのデザイン部分 | Main | ツールは使う側次第で善にも悪にも »

2004.03.24

「Headline-Reader」の機能アップ

RSSリーダーの「Headline-Reader」の、バックアップ機能が強化されました。

Headline-Reader ver.1.11d のダウンロードはこちら

headlinereader.def.bak の保存タイミングが調整され、headlinereader.sub と headlinereader.sub.bak という記事を省いた RSSサイト情報だけのファイルが作成されるようになったそうです。そして、これらのファイルは問題発生時に順番に適用していく仕様だ、そうです。

と、実は、わたしの体験したことがこのバックアップ機能となって強化されたのです。

月曜日の夕方に、突然使っている「Headline-Reader」の登録一覧が、無くなってしまいました。
正確に言うと、「新規のリストを読み込みますか?」ってな事を聞かれたのですが、いつもの習慣で、それをちゃんと読む前にリターンキーを押してしまっていたのです(^^;)

OPMLリストは前に一度バックアップしてあったのですが、その後追加した数々の所があり、最新のモノは保存してありませんでした。
パソコンの中には、その以前のデータの入った、えらくでっかいバックファイルはまだ存在しているので、復帰させる事ができないか、問い合わせたのです。

これは問題のあるコードがあり、素通りしてしまうために起こる事故のようなものだったようです。
その日の夜には、「残念ながら、登録リストは復帰できない、申し訳ない」というお返事をいただきました(/_;)
また、利用者のバックアップも大切だけど、ツールの方でも、受け入れてはいけないコードが素通りしてしまっても、バックファイルの保存のタイミングや複数のバックアップファイルを持たせて、バックアップ機能を強化させます、というお言葉。

で、なんと早くも、翌日火曜の夜(時間的には水曜になった夜中ですが)に、バックアップ機能を強化したバージョンのお知らせメールをいただきました! 
なんと早い(わたしゃ、まだ1通目のメールの返事も書いてなかった(^^;))

というワケで、わたしは、チェックしておきたかった記事一覧もなくしてしまい(笑)、書こうと思っていた記事もわかんなくなりました~(笑)。
月曜までの記事は、全部リセット、リセット(笑)。
でも、ツールのバックアップ機能は強化されて、今後はちょっと安心。

手動による、リストの保存も、やっぱ大切なことですだ。
たくさんのblogサイトをRSSリーダーで巡回している人は、リストの保存など、怠りなく(^_^;)(自分のことぢゃ(^_^;))


|

« 挙動不審なコンテンツのデザイン部分 | Main | ツールは使う側次第で善にも悪にも »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1658/344780

Listed below are links to weblogs that reference 「Headline-Reader」の機能アップ:

» Headline-Reader開発者・大倉さんとのRSSリーダー談義 [Editide Slash Blog]
佐々木:先日「Headline-Reader」を使っていて、解決方法に検討がつかないエラーに出くわしたんです。それで、なんだったら開発者の大倉さんにずばり聞いて... [Read More]

Tracked on 2004.04.17 at 04:06 PM

« 挙動不審なコンテンツのデザイン部分 | Main | ツールは使う側次第で善にも悪にも »