« 流されない視点 | Main | かっこいいことわるいこと »

2004.04.06

トラックバックはどうしたらいいの?

知っている人なんですが、トラックバックに悩んでました。
あら、この人でも悩むんだ、っていうのも、驚きだったりして(^_^;)

「管理人さんのひとりごと」管理人のおねーさんの 「トラックバックをもらったら...」

いまひとつトラックバックを理解していないのですがあ、私。
トラックバックをもらったら、こちらからのアクションはどうしたらいいんでしょう?
やっぱりトラックバックを返すのが正解?

何度かあちこちで問題になったり話題になったりしてますね、トラックバック返しって。
まだblogが出てきてそんなに時間が経ってないから、どれが正解って無いと思うけど、わたしの思う所は・・・

●トラックバックをもらったからって、トラックバックを返す必要は全くないと思う。
●もらった記事に対して、続編とか答えとか反応がある時は、新しい記事を書いて、そっちからトラックバックすると、話題が広がってトラックバックする意味もあると思う。
●相手の記事を紹介しないでトラックバックするよりは、ちゃんとリンクして紹介して、トラックバックした方がいい気がする。
●ってことは、リンクのない過去の記事を、ただ「こういう記事もありますよ」とだけトラックバックしても、よく通じないと思ってる。
●そんな時は、コメントも追加して「よく似た意見を書いてますからトラックバックしました」とか、ひとことあると、すごくすんなり受け止められる。と思った。
●トラックバックもらっても、その記事に対して特に何も書くことがない時は、そのままにしてもかまわないと思う。
●記事を書くほどじゃないけど、興味のある話しだったら「トラックバックありがとう」ってコメントを書きに行くと、新しいつながりになると思う。

って感じに、わたしは思ってますが、ど~ですか>管理人のおねーさんv(^^;)

|

« 流されない視点 | Main | かっこいいことわるいこと »

Comments

トラックバックされているので、行ってみたら「内容がまるでつながらない」という例もありますな~。
わたしの考えでは、トラックバックは元記事に対して連続性がある場合に意味があると思う。
例えば、元記事に対してより深い解釈をするとか、広い意見を持ってくるとか、話の進行方向を曲げるとか、何でもいいけど元記事に対してそれなりの書き手の意図が無いと、読めないのよね。

さらに、トラックバックした先には「ここからトラックパックしています」と自動表示は出ないのだから、トラックバックがある種の読み手集めの手段に過ぎない、という解釈もあるわけでしょうが、それではつまらないですわな。

Posted by: 酔うぞ | 2004.04.06 at 04:46 PM

「内容がまるでつながらない」のに、トラックバックされていると、「読み手を集める手段」と見えますね~。
単にされた記事に差し替えす「トラックバック返し」は、とても日本的なのかもしれません。お祝いやお見舞いにお礼をする感覚のような(笑)。
本来は、新しい意見や反応があって、返すべきだと思うのです。

トラックバックもコメントも、する側には削除する方法がないのに、された側に削除する権利がある、というのが、この方法のキモのような気がします。
コメントにいたっては、内容を変えてしまえる、というのも、法的にはどうなんでしょうね、争った場合。

Posted by: まちゃみ | 2004.04.07 at 02:33 AM

なるほど…
トラックバックとは「リンクの押しつけ」ということだったのね…

確かに本文で「○○のトラックバックで」と書きつつ
リンクの行を作らないと、
相手に対して何もしていないコメントになるわけだ。

よぉく、わかりましたぁ~
二重トラックバックの削除、か~んしゃっ。

Posted by: 道路星 凱@初心者 | 2004.04.07 at 10:02 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1658/402744

Listed below are links to weblogs that reference トラックバックはどうしたらいいの?:

» 最新のトラックバック [市町村コンシェルジュってどうよ]
Blogで特徴的なものの1つに、トラックバックという機能があります。 「引用」という概念のようですが、いまいちよく分かっていません。 「最新のトラックバ... [Read More]

Tracked on 2005.01.07 at 09:34 PM

« 流されない視点 | Main | かっこいいことわるいこと »